パーソナルスペース 男女の違い脈あり?判断の強い味方!

 

 

 

あなたは他人があんまり近くに来ると、何か不快な気持ちになったり、

心が落ち着かないということがありませんか?

 

 

それは、自分自身の占有空間の中に他人が侵入しているからなんです

「パーソナル・スペース」というのは縄張りとも言えます

 

 

パーソナルスペースは、「個人空間」ということになりますが

人の身体を直接に取り巻く、目で見ることのできない空間領域

です

 

 

一般に、自分のパーソナル・スペースが確保されている時は快適であり

その空間に他人が侵入すると不快になると考えられます

 

 

 

パーソナルスペースは、 女性 男性の心理、恋愛や距離感を

知る上でも活用できる好意や脈ありを見抜く際にも役立つ

方法です

 

 

 

男性の場合には、パーソナルスペースが縦長に長い傾向があります。ですので、

自分の前方と後方には非常に敏感です

 

 

 

 

このパーソナルスペースの距離は個人差があります。

 

一般的に男女で比べた場合、男性の方がパーソナルスペースが

広く女性の方が狭いとされています

 

 

集団行動が苦手・相手との距離を取ろうとする・一人で行動するのが好き・

自分のペースを乱されたくない・絶対に人に入ってほしくない場所があるなど

 

 

パーソナルスペースの広い人は、相当仲良くならないと、

自分の近くに人を近づけたくないため、気軽に近づけられたリした時には、

「距離が近い!」と不快に感じてしまう事もあります

 

 

人によって近づかれると不快に思う距離は違うんだ、

ということを意識しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

パーソナルスペース 男女の違いは?

 

一方、女性は360度等間隔でパーソナルスペースがあります

従って、左右の領域にも神経が働くのが特徴です

 

 

こういった領域に足を踏み入れて受け入れられるか否かが、

相手の好意を確認するためのポイントになります

 

 

アメリカの文化人類学者エドワード・ホールによると、

パーソナルスペースには4種類あるとされています

 

密接距離(0cm~45cm):ごく親しい人に許される恋人の領域

個体距離(45cm~1.2m):相手の表情が読み取れる友達の領域

社会距離(1.2m~3.5m):手が届きにくいが容易に会話ができる知人の領域

公共距離(3.5m~):複数の相手が見渡せる大衆の領域

という感じです

 

 

あまり知らない相手でも、この距離が近づくようになると脈あり度が高くなります

 

 

人によってパーソナルスペースの範囲は異なり場所に応じて相手も仕方なく

近くにいる場合もありますので、相手の性格や状況も考慮する必要があります

 

 

パーソナルスペースに入って相手の反応で好意を知る

 

近づいてみても相手が相当な嫌悪感を示さない限り、脈ありか脈なしかはわからないのです

 

 

そこで、コツがあります!

 

相手に近づいた時の反応をよく観察してみてください。

近づいたときに目をそらしたり、体をずらしたりされたら、

 

それは気を許していない人がパーソナルスペースに入ったことを

拒否されたということなので、脈なしの反応です

 

 

内向的な性格の場合、接近しても嫌悪感を示さないなら脈あり

前に立って嫌悪感を示されない場合は好意的

 

 

たとえば、男女問わず性格がとても明るくてオープンな人だと、

かなり近よってもどうってことない感じですよね。

 

 

密着距離に入れる関係になったからと言っても、相手の絶対的な

テリトリーや一人の時間は尊重し、必要以上に足を踏み入れない

ようにすることです。

 

 

距離が近いと感じたなら、まずは相手の行動やあなたへの視線も

観察してみてください