ラブサーチアプリで結婚する

ラブサーチアプリは結婚前提で真剣な取り組みをしている方向き

ラブサーチは、お試し期間がないため、利用するのなら課金して始めなくてはなりません。

定額制なので写真を閲覧は制限され、男性は無料では試せません

30代くらいの落ち着いた女性と本気で出会いを探している人や、ポイント制では課金し過ぎたりする人に向いています。


また10代・20代の女性と出会いたい人、真剣な出会いを求めていない人には向いていません。

完全定額制で、すべての機能・サービスが使い放題の結婚前提で真剣な取り組みをしてい方向きのマッチングアプリです。

マッチングアプリと出会い系アプリの違いは?

・マッチングアプリとは月額固定で目的 恋活・婚活 既婚者 禁止

・出会い系アプリの違いはかポイント制で既婚者 も多くいる

また無料お試し会員登録がないので、不安に思う人も多いと思いますが、

有料会員で料金プランを選択しなければ使えないため本気で出会いを求めてる人しかいないので真剣な大人の出会いを求める方には最適ですね。

ネットで出会ったカップルは、離婚しづらい?

米国科学アカデミー紀要が紹介した2013年の調査によると、

ネットで出会って付き合ったパートナーのうち別れた割合は5.9%と、ネット以外での7.6%以下にとどまります。

結婚したカップルでは顕著となり、ネットを通じた知り合った夫婦で「別居中あるいは離婚した」割合はたった7%に過ぎません。

米国での離婚率が40~50%と考えれば、驚異的です。

恐らく、マッチングする際の条件合わせが長続きする秘訣なのでしょう。

日本は古くから結婚に年収や家庭環境といった条件でマッチングさせるお見合い制度があり、結婚相談所はその代替機関と言えます。

しかし、こうした制度がない米国をはじめとした各国でオンラインでの出会いは、甘い果実をもたらすようです。

そういえば、日本でもお見合い結婚の方が離婚率は低いとか聞いたような。

2013年の調査対象について、1万9,131人が対象という事実くらいで詳細が不明なため実態を表しているかは分かりません。

ただネット以外で相手を見つけて恋愛結婚したアメリカ人は、元来のフロンティア精神も相俟って外に出て恋人探しができる方々と解釈できます。

つまり、今のパートナーより素敵な相手を見つけられる確率がネット利用者より高い可能性がある。

言い換えるなら、ネットで出会った方々は漸く出会えた満足感から離婚や別居へ踏み出さずにすんでいる・・・なんてことはあり得ないでしょうか?

ラブサーチの特徴は?

月額定額制ということもありポイントを気にせず女性との運命的な出会いに集中することができます。

男性は2,000円〜定額使い放題。 女性は完全無料。

2001年の設立、サイトが継続し累計会員も160万人を超えたことが出会うためのサイトであることの証明です。

中堅クラスながら実績豊富で評判も良いので結婚を前提にしたまじめな出会いを求める男女が多く参加しています。

女性の登録者数が多いのも特徴です

☆長期プランなら、お得にご利用できます。

☆通報システムで勧誘や業者の排除に力を入れています。

ラブサーチの公式によりますと、出会い率88.9%になるそうです。

まじめに婚活しているマナーの良い利用者が男女とも多くコミュニティがブログを通じての充実しているので、好みの女性のブログを読んでコメントする形からも仲良くなることができます。

ラブサーチ[18歳以上]