女性に甘える事で母性本能をくすぐる事はできません





しかし母性本能の意味を勘違いしている人が多くいること。

母性本能をくすぐるというと、女性に甘えればいいんだと思ってしまう。

 

 

甘えても母性本能をくすぐることはできません!うっとうしいと女性に

思われる確率の方が大きい。

 

 




どうすれば、母性本能をくすぐることはできるのか?

 

甘えることはだめで、それ以外の方法で。そもそも母性本能とは何か?

母親は赤ちゃんに母性本能を感じますよね。

 

それは赤ちゃんが甘えてくるからではなく、赤ちゃんは一人では何も

できないから。

 

そうすると、母親は、この子には私が必要だと感じる。これが母性本能

ということ。

 

 

甘えるのではなく、頼ることで母性本能をくすぐる

 

それは、女性に「この人には私が必要だ」「私はこの人の役に立っている」

と思わせる事。重要な事は、あるところでは女性に頼る事なんです。

 

 

「甘える」じゃなくて「頼る」。わかりやすく説明すると、

「ここだけは君にはかなわないよ」

「ここだけは君の助けが必要だ」という姿勢を見せておく事。

 

 

彼女ができない男は自分をパーフェクトに見せようとするんです。

何でもできる男がカッコイイと思っているから。

 

ただし、貴女が完璧な男なら女性の出番もないんです。何でも一人で

できるんだから。

 




全て頼ると何もできない、男だと女性に思われる

 

なので特定のことだけを彼女に頼るんです。完璧じゃモテない事を

知ってるからモテる男は、完璧な男は演じないんです。

 

仮に、あなたが年下の女性を好きになったら。彼女の前では大人の男で

あろうと頑張りすぎてしまうんです。

 

しかしパーフェクトすぎる男に女性は魅力を感じません。憧れはするけど、

恋愛対象にはならない。

 

女性が自らの居場所を見つけられず「私がいなくてもこの人は大丈夫」と

感じてしまいます。

 

 

あなたの周囲にも「なんで独身なんだろう」と思われている男性や女性が

いませんか?

 

その人は何でも人よりできてしまうのでしょう。

 

 

パーフェクトな人間だとパートナーの出番がないんです。何でも一人で

可能なんだから。

 

母性本能をくすぐるには、甘えてはダメ。特定の事については女性に

頼る事です。