巡り合わせ 縁 婚活 出会いには理由がある!

 

「この人!」と思う人を明確に、婚活をする上で婚活サイト・婚活パーティーなどで、

たくさんの異性の方と出会う事ができます。

 

選択肢が複数あると人は迷い、立ち止まります。

 

「本当にこの人でいいの?」「もっといい人がほかにいるのでは?」と

悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

 

この人!と決められないまま婚活を続けるのは、目的地のない旅行と同じ。

目的地がないと、もちろんゴールにたどり着くことができませんよね。

 

 

まずは、どんな人と、どんな家族、家庭を作っていきたいのかを明確にする

ことから始めましょう。

 

 

婚活サイト・婚活パーティーは、必ずしも自分の理想のお相手との出会いや

結婚を約束された場ではありません。

 

 

より明確に自分自身で自分の理想を知る事が婚活においては大事な項目です。

 

 

理想像を紙に書いて明確にすると、本心がたくさん出てくるかと思います。

具体的な条件を考える事も大事ですが、条件ありきになって間口を狭めてしまうと、

せっかくの縁を引き離してしまうこともあります。

 

 

条件はあくまで目安と捉えておきましょう。目安ができると幅が広がり、

婚活において、男女関係なく積極的な姿勢が縁を引き寄せます。

 

巡り合わせ 縁 婚活 出会いには理由がある!

 

巡り合わせ 縁、運命を感じる人は出会った瞬間にわかる

 

少しずつ結婚を意識して…という男女も居ますが、出会った時に感じる

「何か」が存在します。

 

 

お互い、ゆっくり確かめ合い結婚をするという流れが一般的なように考えま

すが、意外にも「この人と結婚するんだ」という予感は出会った時にあるものです。

 

 

恋愛中は居心地が良く、お互いにドキドキしたり、トキメキがあったりで普通

に刺激しあってこそのところが大きいといえます。

 

 

結婚する人とは、自然体でいることができる

 

居心地の良さを感じ、ストレスフリーの状況になります。

こちらの意見や行動をすんなり受け入れてくれるし、自然に自らも相手を

受け入れているので楽で心地良いのです。

 

相性なのかもしれませんが、会ってドキドキよりもホッと安心感なのです。

 

 

好きな人の前に立つと、自分を良く見せようとしてしまうのが恋愛です。興味のな

い話でも、頑張って話を合わせたり、相手を優先してしまう場合もありますよね。

 

ムリをしてしまう自身が居て、楽しいはずなのに疲れてしまうこともあります。

 

 

相手に見栄を張ることもなく、とにもかくにも一緒に居ても自然体で居られることを

感じるのです。

 

 

気が合うな〜と感じる着眼点として感情が似ている、つまり喜怒哀楽が同じ又は近い

という事が良くあります。

 

 

 

これは結婚する人との出会いでも感じる事なのです。喜びや哀しみ、怒りや楽しいと

感じること全て重要ですが、特に笑うツボなどが似ていると、同じ事で一緒に楽しむ事

ができ、同じ出来事に喜びを感じる事ができるのです。

 

 

 

一緒に居ると、お互いが笑っている時が多いと思うなら

 

喜怒哀楽の要点が同じである可能性が高いのです。反対にズレていたり全く違うと、

相手の顔色ばかりを伺うようになるので、窮屈(きゅうくつ)に感じます。

 

 

直感でわかる「運命の人」結婚する人との出会いで多くの男女が感じたことというのが、

直感、つまりインスピレーションなのです。

 

 

その上、相手の事をまだ詳しく知らない時「この人と結婚するかも」と感じる人が多く、

運命の人なんだと感じるのです。

 

 

身内の雰囲気と似ているor世帯像が同じ

 

異性と世帯の話をした時、自らの家族と似ているな〜と思った瞬間に「結婚するor

結婚したい」と感じる事があります。

 

 

例えば女子のケース、父親が母親の尻に敷かれている家庭で育っていると、同じ様

に母親が強かった!という男性に惹かれます。

 

 

逆に男性の場合、父親は厳格で母親は一歩後ろを歩く様な人だったという家庭で育

っていると、母親が父親を影から支持する人でした…という女に惹かれます。

 

 

身内や家庭環境が似ているとわかった時点で、抱く家族像も似ている事が多くあるのです。

 

 

双方に結婚を意識するのも早く、極め付けは出会った時に、自分の父親or母親と似て

いるな…と感じるケースが良くあります。

 

 

実のところにあるのは本当に結婚する人と出会った時に「実際、今までの人と何かが違

う!」と感じる事です。

 

 

「結婚する人」との出会いは、感情を揺さぶられるほどに衝撃的な「何か」を感じる場合

が良くあるのです。

 

 

その上「結婚する人」に出会って「何か」を感じた人達は、長期に渡ってお付き合いして…

ではなく、出会った当日〜1週間と短期の間に感じているのです。

 

 

実際は出会いすら無いという人も、突然感じた事のない感情や直感に直面するかもしれません。

 

 

 

 

多少互いの理想と違っても結婚をするカップルはたくさんいます。

 

 

結婚できる人とできない人の違いは、今この時、目の前にいる人との

縁を大事にするかどうかではないでしょうか?

 

 

結婚相手を選ぶというのは、人生の中でも最も大きな選択。

尚のこと慎重になってしまいますよね。

 

 

ですが、まだ出会ってもいない生涯のパートナーの理想を高く

持ったまま婚活を続け、理想の相手と比べてしまうと、いつまでたっても

運命の巡り合わせは訪れません。

 

 

最も大切なのは目の前の相手を理解し、素敵なところを認める

努力が必要です。

 

 

ご縁があってお会いをした同士で結婚まで至ったカップルは

「結婚相手にあれこれ条件をつけない」ものです。

 

 

「もっとこうだったらいいのに」などは考えず、今ある現実を受け入れて、

理解しようとする姿勢が運命の相手を引きつける条件です。

 

 

結婚をして幸せな家庭を作っていくのはあなたにとっての「この人」と

一緒に作っていくもの。また、自分は相手にとってどんなパートナーで

ありたいのかも明確にしておくのも重要です。

 

 

少し婚活に疲れているなら休むことも大事。時間がもったいないとは思わずに、

自分自身を充実させる時間も婚活には必要で、自分を見つめ直す時間にもなります。

 

 

何事も焦りは禁物です。自分を見つめ直す時間も必要なときもあります。

まずはしっかりとしたビジョンを見据え、メリハリのある充実した婚活を目指してください。