恋愛ホルモン 効能

 

恋愛ホルモン 「PEA」このホルモンの効能おかげで、人間は「恋」という錯覚に

陥ってしまうらしいのです。

 

 

「天然の惚れ薬」ホルモン

 

実は一目惚れ、恋患い、恋やつれ等の現象は、全て「PEA」の効能が関係しています。

 

このホルモンが脳内で分泌されると、頭の中がラブモードに変換してしまう。

人は自分の体内で、天然の惚れ薬を生産できるんです。

 

 

「PEA」は情報を伝える神経伝達物質の1つで、恋した瞬間に脳内で大量に分泌され

体内で分泌されると、高揚した気分になり、食欲が落ちて、恋に溺れた状態になります。

 

 

恋の始まりの時期(不安定でドキドキ状態)、まだお互いを知り合えない緊張モードの時、

好きな相手を追っかけている瞬間は「PEA」がどんどん分泌されて相手が自分の手中に

治まり、恋愛の安定期に入ると「PEA」の分泌量は減少します。

 

 

「PEA」の寿命は約3ヶ月~3年。恋愛ホルモンの効能が分泌され続けるコトは、

人間の脳にとって良くないので自然に分泌が調整されます。

 

科学的にも「恋は追うと逃げる、逃げられると追いたくなる」ということが

説明できるワケです。

 

 

これが、ラトガーズ大学の人類学者 ヘレン・フィッシャー教授が唱えている

「PEA 4年周期説」というやつです。

 

 

それはどんなに情熱的な恋でも、その効能が4年以上続くことはないことを

意味しています。

 

 

最も離婚の多い時期というのは世界的に見ても、結婚してから3~4年後付近に

集中しているというのも、この説の有力性を裏付けています。

 

 

その意志の高まりが、お付き合い3ヶ月以内”に一致した時が、最も結婚に

つながりやすいのです。

 

 

この先は、徐々にときめきが無くなって行くだけなのです。

なので、ときめき最高潮の3ケ月までに結婚を意識できない男女は、

結婚に至りにくいと言えます。

 

恋愛ホルモン 効能 恋になぜ落ちるの基本ステップ!

 

「PEA」で恋愛パワーを意識的に炸裂させるコトは可能?

 

脳内に「PEA」を分泌させて、惚れ薬的な効果を狙えるのかどうか?

 

チョコレートを食べる
チョコには「PEA」が含まれていて、昔から媚薬として知られています。

 

赤ワインとチーズ。

特にチーズにはチョコの約10倍の量の「PEA」が含まれている。

 

女性には、全てを曝け出さず未知の部分を残し、相手に自分を追わせて

探らせるようにする何かに興味を示す瞬間や、何かを追い求める時もPEAは分泌され

恋愛を妄想している時の女性の脳内には「PEA」が溢れている。

 

 

 

男性は目で見たモノに直ぐ反応する視覚動物一目惚れしやすい

=「PEA」が分泌されやすいのに対して、女性は「PEA」の反応が鈍く、一目惚れしにくい。

 

そんな女性陣の脳内にてっとり早く「PEA」を分泌させるには、「PEA」を多く含む赤ワイン、

チーズ、チョコレート責めをして、惚れ薬効果を狙うことです。

 

 

しかし「PEA」を多く含む飲み物や食べ物は、確かに体内に入った瞬間、

「PEA」値が増えるけど、代謝が早すぎて、体内にずっと残らないのが弱点。

でも短時間なら媚薬効果はアリ

 

 

 

つまりは、相手にこのホルモンを分泌させることさえできれば、間違いなく

ベタ惚れにさせることができるのです。

 

 

魅力的な異性を獲得するために、人が想像を絶する努力をするというのも、

この物質を自らの脳内で分泌させるためだといえそうです。