愛活 恋活パーティー イベントは気楽が一番!早く結婚したい!

 

 

恋活も婚活も、一度経験すると不思議なほど余裕ができて、自信が生まれ、

落ち着いて臨むことができ回数を重ねると、さらに、あなたの会話の運び方もできて、

会話を楽しむことができます。

 

 

そして、ありのままの、あなたを相手に見てもらうことができるようになります。

 

そういう、あなたになるまでの間には、失敗し経験値を上げ、その失敗を振り返り、

次につなげて成功へと道が開けます。

 

 

最初の婚活も交際も、最初に失敗すると、思わぬトラウマになってしまう

可能性もありますので、できれば、最初は無難にこなしたいですね。

 

 

 

 

 

人を好きになる瞬間とは黄金ルール法則

 

黄金ルールその1

 

似た人になろう

黄金ルール「人は常に自分と似た人を欲する」を応用。似た人になる、というのは、

相手に安心感を与え、共感できる、自分と合うかも!って思わせることができる、

とっておきの黄金ルールです。

 

 

相手の好きな食べ物、、好きな場所など聞いたら、それがよく知らないものでも、

「僕もそれが好きです!あまりよく知らないのですが、先日ちょっといいなと思いました。

詳しく教えていただけませんか?というふうな感じでやってしまえばいいのです。

 

 

黄金ルール2

 

相手に興味を持とう

 

「人は自分に興味を持つ人に感動し、好きなる 」というものです。

人は誰しも自己顕示欲があり、また、理解されたいという思いを持っています。

 

興味を持つと言っても、根掘り葉掘り聞き出すとか、その人の持ち物を何から何まで

真似をするというのではありません。

 

その人が好きなもの、その人の趣味や、詳しく知っている分野といったものに興味を

持って、感心しながら楽しそうに話を聞くことです。

 

上記の、「詳しく教えていただけませんか?」の振りは、

こちらの黄金ルールにつながります。

 

 

 

黄金ルールを使い似た人になること、相手に興味を持つことを使って、

楽しい恋愛を演出し、また会いたいと思ってもらえるといいですね。

 

 

そのためには、仕草や話し方を似せるよにしてください。

相手がゆっくり話す人なら、あなたもゆっくり話し、コーヒーを頼む人だったら

あなたも同じものを頼み、僕たち似てますねって感じの親しみを込めた笑顔を向けましょう。

 

 

飲物を飲む速さも、その動作も、同じようにしてみましょう。

しかし、真似っこしすぎるのはドン引きされます。

 

 

そして、相手に「詳しく教えていただけませんか?」「あなたはどう思いますか?」

「○○はどうでしたか?」など、トークを振ったら、相槌を打ちながら、笑顔で

楽しそうに聞いてください。

 

 

「なるほどそうですね。気がつきませんでした。」「へぇ~、すごいですね。」

「その考えは新しいですね。」「すごく参考になりました。」なんて相槌を打たれたら、

相手も悪い気はしませんよね。

 

 

その後は

「僕もそういう話は、元々好きだったんです。とても面白く聞かせていただきました。

また今度続きを聞かせてくださいねと、また今度って、もう1回会おうっていう約束をする。

 

 

 

 

交際に入ったら頻繁に会うことが実りある婚活の秘訣

「人は、会えば会うほど好きになる!」

 

近くにいて同じ時間を共有し続けることで、特別な親近感が生まれるように思います。

 

相手のことを知るとさらに好きになる付き合うことになって話をする時間が増えると、

ただ隣にいただけではわからなかった相手のことがいろいろ見えてきました。

 

 

 

交際中はなるべくたくさん会う努力を!

 

1日がかりでデートをしようと思うと、都合を合わせるのが大変で、週に1回ならいい方で、

下手をすると月に1回、ということになってしまいます。

 

 

それではなかなか距離が縮まりません。ご飯だけでもいいから、

10分ちょっと会うだけでもいいから、という感じで、頻繁に会う努力をしてみましょう。

 

それが、交際を成功させる秘訣だと思います。

 

 

 

このようにその人と会う回数を重ねるごとに、好意が増していく現象を

心理学では単純接触効果、あるいはザイアンスの法則と呼びます。

 

 

相手に自分のことを意識させる回数を増やす

相手の頭の中にあなたのことを想像させる回数を増やしていけばいいわけです。

会わなくとも単純接触効果を有効に働かせ、相手との距離を縮めることは可能です。

 

 

恋愛でいうと相手とのLINEのやりとりを頻繁に行う。

相手が家で使ってもらえるようなモノをプレゼントし、実際に使ってもらうことで

潜在意識の中に自分を意識してもらうようにするなどが効果的です。

 

 

人は一度に長い時間一緒にいる時より、複数回会う回数を重ねていく方が

親密度が増すことも分かっています。

 

 

会う回数を重ねていく方が相手の警戒心が薄れ、より打ち解けることが

できるようになるからです。

 

 

ほんの些細なことからでも、自分を意識してもらえるように人間関係を

広げるきっかけにしてみてください。

 

 

 

⇒婚活がもっと楽しくなる!