出会い確率は奇跡!ネットのエエトコ取り!

 

「あの人と出会わなければよかった」なんて思う人もいるかもしれません。でも

自分とは違った価値観や考え方を知るだけでも、後で振り返るとそれが自分の

学びや糧になっていることもきっとあるはずです。

 

 

世界の人口が2015年の時点で73億人なので、一人の人が一人の人に出会う

確率は、1%にも満たない「73億分の1」。その中の一人とあなたは出会ったとい

うことと言えるでしょう。

 

 

もちろん、海外の人との出会いを含め考えると変わってきますが、日本国民も

2014年の時点で1億3000万人弱なので、1億分の1の出会いでも奇跡だと

思いますよね。

 

 

 

人との出会いが天文学的奇跡だということは、数字を見ても明らか。奇跡のよう

に巡り合っているからこそ、一つ一つの出会いに感謝して、大切にしていきた

いですね。

 

 

 

奇跡の出会いを経験した人の中には、その前兆にピンチや苦難があったと

答える人が多くいます。

 

 

乗り越えると、奇跡の出会いが待っているのかもしれません。

 

「全ての出来事には意味がある」というものがありますが、人も同じで、出会う

人全てに意味があります。

 

 

 

 

年代が上がるほど出会いは「インターネット上」と答えたカップルが多い!

 

リアルカップル3000人を対象に行われたアンケートでは、意外な結果が明ら

かになりました。

 

 

恋人相手(パートナー)とはどこで出会いましたか?アンケートで、では、どの

世代もトップは学校・職場(アルバイト先)全ての世代で40%以上のカップル

がパートナーと学校や職場で出会ったと回答しています。

 

 

                       出典:カップル専用アプリ「Couples」調べ

 

 

 

注目すべき点は、年代が上がるほど「インターネット上」と答えたカップルが多か

ったこと。40~49歳では、最も多い23.57%がパートナーとインターネット上で

出会ったと回答しています。

 

 

現在は、大人の恋愛はネットでする時代なのですね。

たしかに、ネットで出会った場合、お互いの趣味や考え方を共有し、理解しあっ

た上でリアルに会うことができるので、共通の話題も多く、恋に発展しやすくなります。

 

なので、「学校・職場」には「出会いがない!」と感じている方は、効率よく出会える

趣味で繋がることができるネットの出会いに目を向けてみるといいかもしれませんね!

 

 

 

 
⇒大人のセンス対決!