恋人・夫婦 愛情を取り戻す 倦怠期を越える

 

刺激的な時間を取り戻し倦怠期を乗り越えるには?

 

 

倦怠期とは? 

 

はじめに付き合ったドキドキ感がなくなり、一緒にいる事が自然なため、

 

刺激がないと感じたり心情が冷めるといった状況に陥る事を言います。

 

 

パートナーに「飽き」や「慣れ」から、嫌に感じてしまう事。

 

恋人同士、夫婦にも訪れると言われる倦怠期。

 

夫婦は、恋人以上に一緒に過ごす時が長いため、相手の嫌なところが

目につきやすいものです。

 

 

恋人・夫婦 愛情を取り戻す倦怠期を放置すると別れる?

 

相手との記憶を、思いやりを振り返ったり、

 

優しさを思い出すようにし、感情だけで別れを選択してしないように。

 

 

感情的になる前に、冷静に思い描く不可欠があります。

 

一時的な感情で行動すると、悔やみしてしまうかも…。

倦怠期から別れてしまう男女も少なくないです。

 

 

倦怠期を迎えるタイミング

一般的に言われているのは、付き合って3ヶ月目。

 

不自然さを抱いたまま付き合っていると、相手との居心地が

悪くなってしまうとともに、生まれ育った環境が違えば、

少々の感覚のズレも出てきます。

 

 

相手に対し「何か違う」と思った時は、我慢せず気に掛かる事を明確に

伝えるのがベターです。

 

 

付き合つて半年

 

どっちが悪いとけなし合うのではなく、相手に対する思いやりを

持つ事が必要です。

 

3ヶ月の頃合より他にも双方を知ると、小さい事で感情的になり、

ケンカに前進する時も多くあるものです。

 

話し合ったり、双方に歩み寄るための折り合いをつけて対策を

思い描く事が重要です。

 

 

 

付き合つて1年

 

失ってしまった刺激を取り戻すには、いつもしないような事にトライして

みるのも良いでしょう。

 

例を挙げると、相手へサプライズの計画だったり、デートの中身を再検討てみましょう。

 

 

付き合って3年以上一緒にいると、

 

相手との結びつきが自然になるのは言うまでもなく、安定しているからこそ、

相手への感情が現実に恋愛感情なのか?

 

ただの情ではないのか?そのような心もとなく感じてしまいます。

 

倦怠期はいつまで続く?

 

倦怠期の期間は当然男女によって異なるので、短くて1ヶ月で終わる男女もいれば、

永らくて1年以上必須になるという男女もいます。

 

 

倦怠期を早く終わらせたい時には、「相手のせい!」と思わずに、冷静に

振り返ってみる事が大事です。

 

 

 

倦怠期のきっかけ

自分磨きしなくなるこれは男女ともに言える事です。

 

気を抜いていても「誰も見てないし」と、いつもすっぴんで過ごしたり、恥じらいを

感じなくなってしまったらだめです。

 

相手がいるのに身だしなみがだらしなくなってしまうのは、

異性といる感覚が所帯じみたものに変わってしまっている証拠かもしれません。

 

 

デートや外食がワンパターンいつの間にか「他にもここ?」「もう行きたくないな…」

なんて思われたら、危ういと覚えておきましょう。

 

 

心のどこかで「ここでいいでしょ」と手抜きをしているからかもしれません。

「時間のない」を訳にすれ違いそうなってからでは遅いんです

 

 

大好きな相手とだったら、どんなに忙しくても、疲れていても会いたい!

 

そのような心境も、慣れと共に薄れてしまっていませんか?

 

 

「時のないからいいや」「疲れてるから今日はやめよう」

そのような事が積み重なり、気づけば二人の間に溝が…。

 

 

結婚を意識しすぎ双方に結婚を意識するものの、

 

相当意識し通りに進まなかったり、焦りが先走ってしまったり…。

 

 

結婚適齢期と言われる

20代後半〜30代の男女に多くあるのがこのきっかけです。

 

 

特に女子は、彼からの求婚を待っているにも関わらず、

彼のマイペースな行動に嫌気がさすという事も。

 

結婚ばかりを意識しすぎて、目の前にある幸せに気付けない。

 

 

 

男性も、彼女に結婚を急かされる事で不必須に告白の瞬間を逃すという

悪循環を生みます。

 

 

 

 倦怠期 ドキドキ感取り戻すには?

 

倦怠期を乗り越える手段パートナーがいない暮らしを体験してみる

 

「わたし、こんなに彼の事好きだったんだ」と、

相手への愛情を取り戻す事ができるなかもしれません。

 

実のところに自らの心情が分からなくなってしまった時には、

相手と1ヶ月ほど会わない期間を作ってみるのも悪くはないのです。

 

 

理不尽に避けるのではなく、なるべく会わないようにし、

連絡も控えてみる事で、本人自身の心境と向き合えます。

 

その上、相手の影響や優しさ、気遣い、愛情に気付ける事もあります。

 

二人で新しい事をスタート出来てみる倦怠期の大きなきっかけは

 

 

「慣れ」その慣れを打壊するために、

 

二人で今現在まで行った事のない位置へ出掛けてみたり、

何かスポーツを幕開け出来てみたり。二人共に気分転換をする事で、

昔の新鮮な心情を取り戻すきっかけが作れます。

 

話し合う如何にしたら、しかも二人の係りが良くなるか?

 

双方で言い合うのも良いでしょう。充分に双方が向き合う機会を作成しよう事で、

二人の絆を深める事もできます。

 

 

手紙で考えを伝える手紙なら、いつも伝えられない事も素直に伝えられるもの。

しかも形に残るので、いつまで経ってもその腹積もりを読み返す事だってできます。

 

 

ありがとう ごめんね言語で伝えていますか?

 

一緒にいる事が自然になってしまうと、こんな大切な事が疎かになりがちなものです。

 

 

相手の良いところを褒める変に倦怠期を意識しすぎず、初心に戻ってみる事。

 

その心境を大事に、「こんなところが好きだったな」 「あんな時もこんな時も一緒にいたな」など、

付き合った期間が長いほど、数多くの想いが溢れてくるはずです。

 

 

初めは大好き同士で付き合ったものの、時が経つにつれ、

慣れて怠けて相手の嫌な面ばかりに気を取られてしまいます。

 

そのような時だからこそ、相手の良いところを見るようにして褒めましょう。