性格の不一致 修復 復縁の条件を検証する!

 

性格の不一致(せいかくのふいっち)とは?

 

離婚理由で最も多く挙げられています。「性格が合わない」「一緒にいるのが

苦しみ」など、その中身は多岐に渡ります。

 

 

一通りの離婚きっかけのうち、女子の半数以上、男性の6割以上が性格の不

一致で離婚しているという現実があります。

 

 

 

そもそも同じ価値観を持ち合わせた人間などはいません。性格は十人十色

というように違うものですので努力をすれば性格を一致させられるかというと

それは理不尽な事です。

 

 

 

必ず理不尽な方もいますが必ずに合う方もいます。性格が一致していると感

じたり、そうではなかったりする時が、あるかもしれませんが、人は生きていく

中で環境の影響は絶対受けます。

 

 

性格の不一致 修復 復縁の条件を検証する!

 

 

性格の不一致は仕事の影響、世帯など同居人からの影響。

 

仕事でイライラしたり、恋愛以外の他の事でうまくなくいかないとストレスが

溜まり、それが影響を及ぼすという事です。

 

これは性格の不一致というよりも、外部要因による悪影響という事です。

 

多く楽しむ、心にゆとりがなければ相手の発言や行動がイラッとしたりするも

のです。

 

 

 

外部要因によって影響をしている時は、その外部要因の着想や決着をする

か、その外部要因が変えられないなら会う頻度を減らす、会っている時に

意識的に想いをイライラしないようにするなど

 

 

修復の為には男女の適合性、自身の性格が変わろうと絶対相手がいて、

その相手がいつもイライラ、酷いわがまま。

 

 

そのような性格の持ち主であれば、お付き合いをしていても楽しくないで

しょうし、性格の不一致どころか単に相手の人間性の問題になってきます。

 

 

このような場合を一致させるというのはほぼ無理、そのような人に合わせよ

うと相手に求める事を全部やめ、わがままな性格なのでしたら一致とか

不一致とかではなく、自らが気をつけなくてはいけないという事です。

 

 

性格の不一致 修復・復縁するには?

 

相手の性格は変えられる? 自身は至ってありきたりの性格だけれども、

相手がわりと激しい方、容易にはいかない方。でも別れたくはないというケー

スもあると考えます。

 

 

こういったケースの場合はどうするのか?

 

最初に相手に不満などを言わない事です。恋愛は相手に言うからトラブルに

なるのでうまく他でガス抜きをする事です。

 

 

 

しかもどういった時に、その不一致なところを感じるのか?何かを決める時や

何か特定の事をした時にそうなるのでしたら、なるべくそれをやらない、この

 

ようなルール決めをしておいて、双方の感情があまり入らないようにするなど

不一致は不一致のままでも、水準を満たすまでの創意工夫によって和らげ

るできます。

 

 

長く継続している男女は絶対性格が一致しているのかというと、そのようなわ

けではないのです。

 

 

付き合っていくうちに仕事や環境が変わったり歳を経る事で性格が丸くなって

いったり、人は環境や年齢等によっても変わっていくものです。

 

 

破局からの復縁性格の不一致によって破局したケースの復縁については、

真っ先に双方の性格が不一致なのだと相手に告げられて別れたのであれ

ば、その性格を変える事。

 

 

今後必ずに変わるから…。相手に反対に今後は変わるんだという気持

ちを伝える事です。

 

それには時が必須かもしれません。直ちにに相手も得心してくれるわけでは

ないのです。

 

でも何度も連絡を取り合う内に、その受け応えこそ相手が現実に変わっている

のかを観察しているわけです。

 

相手との連絡手段を失わないように気をつけ下さい。