恋愛感情 なくす 心理

 

恋愛結婚した人は、お見合い結婚よりも離婚率は高いです。

 

恋愛結婚とお見合い結婚の違い

・二人が好き同士になり、一緒に暮らしたいから入籍するのは恋愛結婚

・相手の条件を確認して、この人となら結婚生活を送ることができると確認して

入籍するのは、お見合い結婚

 

 

日本人の離婚率は

全国仲人連合会によりますと、日本の離婚率は30%(3組中、1組)です。

 

国民生活白書参照

 

 

離婚の動機

・暴力

・浪費

・生活費を渡さない

・異性関係

・精神的に虐待する

・酒を飲み過ぎる

など

 

恋愛感情 なくす 心理 

 

夫婦はどんな時に離婚を考える?

 

既婚者が離婚を考えた理由(マイナビニュース)

男性

・1位 食事を作らない

・2位 自分の両親や親戚と不仲

・3位 けんかが多い

・4位 働かない

・5位 すぐどなる

 

女性

・1位 けんか多くなった

・2位 すぐどなる

・3位 家事を手伝ってくれない

・4位 お金を家に入れない

・5位帰りが毎日遅い

・会話が無い日が多い、太ってきた など

 

恋愛結婚とお見合い結婚の離婚率は4倍!

 

全国仲人連合会のデータ参照

・恋愛結婚の場合は離婚率40%

・お見合い結婚の場合は離婚率は10%

 

恋愛結婚をする男女の、結婚の要因に「好きだから」が絶対入り

好き以外にも子供ができたから…では理由が幼稚な気もします。

 

恋愛感情だけの恋愛結婚は、離婚につがると考えられます。

 

 

恋愛感情 なくす 心理 

 

恋愛結婚は思い描く結婚像とは違う

 

お互いに恋愛感情いっぱいで結婚する恋愛結婚は、周囲や互いが

見えなくなる事が多く。好きになった相手は結婚相手には、ふさわしいとは限りません。

 

 

離婚率の差は、どうして?

結婚相手として、お互い合うか?結婚までの進展の違い、

結婚の条件など事前に確かめ合うことなどの差で離婚率が開いたのだと言えます。

 

 

恋愛結婚よりも離婚率の低いお見合い結婚のメリット

 

効率的

結婚全般において、非常に合理的です。

人間は感情が先に入り過ぎると冷静な判断ができません。

 

お見合い結婚は、先に自分の理想の条件を出して、それに合う人から選びます。

 

お互いに、条件が一致した人のみ対照とするので、効率的に結婚まで進めます。

 

最近の男性は恋愛と結婚を別に考えている方が非常に多いです。

 

 

マイナビウーマン参照 男性のアンケート

「恋愛と結婚は別だと思う?」

・思う  56.2%

・思わない 43.8%

 

理由の多くは、恋愛するなら外見重視、結婚は内面を重視する、という回答です。

 

効率的な男性が増えているので、お見合い結婚をする男女が増えていくのでは

ないでしょうか

 

 

お見合い結婚のメリット

恋愛結婚よりも離婚率の低いお見合い結婚の良いところ

 

結婚全体において合理的、人は感情が入り過ぎると冷静な判断ができません。

 

例えば、

・自分は煙草が嫌いだけど、彼のこと好きなので我慢する

・本当はお酒が好きだけど彼女が嫌がるので禁酒する

 

冷静に考えれば一緒に暮らすのは無理なのはわかるのに、感情が勝ると判断する

ことができません。

 

お見合い結婚は、先に自分の理想の条件を出して、それに合う人から選びます。

 

お互いに、理想の相手として条件が合う人としかマッチングしないように

なっているので合理的に結婚まで進めます。

 

 

お見合い結婚は離婚する原因が少ない、お見合いで結婚する場合には

パートナーとしてどうなのか?

 

多くを判断することのできる、お見合い結婚だから、結婚した後に、考え方、

価値観など思い描いたのと違うなど結婚生活する上で不一致が少ないのです。