愛されている人 特徴 本命度 診断

 

男性が本命彼女にとる行動、態度・心から出る笑顔をする

 

女性は喜怒哀楽の感情表現が豊かでわかりやすいですが、

男性は表情の移り変わりに乏しく、よっぽど感情的になった時じゃないと、

あまり顔の様子は移り変わりせず、おおかた無表情か仏頂面を浮かべています。

 

 

ただし、結局真剣で好きな女性を見てる時だけは特別で、目が輝いて

デレデレしてニヤけている。

 

目をじっくり見つめるのは、本命彼女として愛されている確率が高いです。

 

ただ、軟派な男は偽物の作り笑顔が優れているなので、

フェイクか見分けるのは高いコミュニケーション力量が不可欠です。

 

 

手慣れた男性は会うたびに体を求めるものですが、初デートでは結婚を前提に、

嫁にしたいと思っている女性には軽い男だと思われたくないので、

わざわざ手を出さない人もいます。

 

スキンシップや体の関連はなしでウインドウ買い物や食事、映画デートなどを満喫できると、

その二人は適合性が良くて共にいて居心地が良いと感じている証拠です。

 

 

その上、お金が掛かるこだわったイベントデートや遊園地に付き合ってくれるのも

キーポイントが高いです。

 

愛されている人 特徴 本命度 診断

 

 

デートの仕方で愛されているかのチェックポイント

 

見返りを求めず、その上どれくらいの労力、時、必要経費を掛けたかで

決断可能とも言えます。本命全力度の差は歴然です。

 

弱音を吐いてくれる女子は頼りになる権力者や地位が高い男が好きで、

 

男性もそれを知ってか嘘をついたり取り繕ってでも格好つけたり見栄っ張りな

性格になりやすく男性は真剣であるほど、弱音を吐いたり、病の時に助けを求めたり、

仕事がうまくいかない時に愚痴をこぼすなど、自身の弱点を曝け出す事ができます。

 

 

男の弱さを見せるのは女に嫌われる特色でもあるので、恋愛テクニックとしては

やらない方がいい事です。

 

女性は日ごろから我慢する事が多く、不満、愚痴を吐けるような話を

真剣に聞いてくれる彼氏を理想に挙げたりします。

 

男性が彼女に協力的な態度で尽くす事は愛されている証になっています。

 

 

本命度 診断 彼女の話をよく覚えている

 

よっぽど好奇心や関心を刺激される事でもなければもうに忘れてしまうのが

男性心理の特質なのです。

 

だから、昔に話した事を思い出せるかテストしてみると本命度の判断基準になります。

 

なお、男性は好きな人の話を聞いている時に相手の目を見つめる。

 

女子は好きな人に話している時に相手の目を見るという好意の法則がある。

 

女子は好きな人にはしっかり話を聞いてもらいたいと考え。

男性は好きな人の情報は聞き逃さず収集したいという心理の表れです。

 

トーク中に彼氏が話を聞いてる時に、そっぽを向かず顔を見てくれていれば

本命度が高いと言えそうです。

 

 

 

 

 

⇒注目度100点満点!