好感 好意 微笑む 表現が相手に良い印象を与えるという選択!

 

第一印象が重要である、という事はよく言われますが、その際に大切になるのは

「視覚」です。

 

好印象な人、悪い印象な人というのは確実に存在しています。

話し方などの前に、最初にどういった格好をしているのか、

 

どんな体格をしているのか、どういった髪型をしているのか、ということが印象の半分以上を

決定づけると言われます。

 

顔を合わせた瞬間で決まる初対面の相手が自身の事を、どう受け取るのか、

というのは、その多くが「印象」によって決まります。

 

 

 

好感 好意 微笑む 表現が相手に良い印象を与える

 

大事なのは「笑顔」で微笑む事です。

自身が笑顔だと自然と相手も笑顔になるようになり、コミュニケーションも円滑に進められる

ようになるでしょう。

 

真剣な話を聞くときなど、場面にあった表情作りができることがポイントです。

 

 

話し方ではなく聞き方

また、相手から「話を引き出す」能力を持っていることも大切です。

 

一方的に話すのではなく、相手にも話す機会を作るように仕向ける、という事が

大切になってくるわけです。

 

人は誰しも自らの話をちゃんと聞いてくれる相手に対して好印象を持つものです。

 

その際重要になるのが「質問の仕方」です。

 

質問の仕方には2種類あります。

「オープンクエスチョン」は相手が自由に答える事が可能なものであり、答えの幅が

広い物を言います。

 

「クローズドクエスチョン」というのは、相手の返答をある程度限定するものです。

「好きなものは?」ではなく、「好きな食べ物は?」というように、返答を狭めるわけです。

 

こうすることによって、初対面でも明確な返答をしやすくなり、スムーズな会話ができ

印象は良くなります。

 

 

好印象をもたらす方法

 

相手の主張に対して「それは違う」から話を始めると、その先で話すことは

すべて否定的な事である、と宣言しているようなもので、相手からの印象は

悪くなってしまうでしょう。

 

相手と自らとで考え方が違っている事が発生することはあるでしょう。

 

人に好かれる話し方、ポイントとなるのは「否定をしない」という事です。

 

そういった時であっても、真っ向から否定するようなことをしない、という事です。

 

一度相手の言っていることを飲み込み、自分の考えが違っていると

伝えることが大切です。

 

どんな声で話すのか、というのも相手に与える感触を変える事になります。

 

 

好意的な内容を話しているとしても、トーンが低ければどこか否定的な内容のように

感じられてしまうことでしょう。

 

内容に当てはめて声のトーンを変えて、相手の感じ方を操る事ができれば最高です。

 

 

好かれる話し方

人と話す目的は「相手のことを知りたい」というものがあります。

 

それを満たしてくれるような話し方、「本音」を話してくれる人というのは、

人から好かれやすい傾向があります。

 

本心からどう思うのか、適切に伝えることが出来れば、自然と人から

好かれるようになっていきます。