恋愛ホルモン 男 恋心とは 3年

恋心を引き起こす脳内ホルモンの寿命は短い!

 

恋心が燃え上がっている時、脳内では「恋愛ホルモン」とも言われる

PEA(フェニルエチルアミン)が分泌されているのだそうです。

 

このPEAとは、一目惚れした時に多く分泌され、

共にいたいと強く願わずにはいられなくなるのだとか。

 

 

こんなはずじゃなかった!追う追われるの逆転現象とは?

 

男性リードで始まる恋、立場が逆転したりする事がないのですか?

 

それによって「恋愛ホルモン」PEAに脳が支配されたら、

彼女を他の男に取られる前に早く手に入れようと、熱心に口説きにかかります。

 

 

その情熱にほだされた女性は、徐々に心を開き、

強い信頼関係が築かれたという安心感で、愛情が高まっていくのです。

 

そのPEAは、分泌が落ち着き始める3ヶ月目くらい

 

追う立場と追われる立場が逆転しやすく、

関係が不安定になりがちです。

 

 

その瞬間を逃さないためには、「恋愛ホルモン」とも言われる

PEA(フェニルエチルアミン)の分泌が盛んな

お付き合い3ヶ月以内”を何となく過ごしてしまわない事が大事!

 

その意志の高まりが、お付き合い3ヶ月以内”に一致した時が、

最も結婚につながりやすいのです。

 

そのような脳内の媚薬も、相手を知ると共に約3か月目くらいから

分泌量が減少し、3年で消滅してしまうそう。

 

この先は、徐々にときめきが無くなって行くだけなのです。

 

だから、ときめき最高潮の3ケ月までに結婚を意識できない男女は、

結婚に至りにくいと言えます。

 

長年付き合ったけど、結婚に至らなかったのは、

『機会が合わなかった』たったそれだけのことであり、

それが全てでもあります。

 

 

そのような“魔の3ヶ月目”の機会には、

「なんで?何故?冷たいの?」と問い詰めるほど、

ますます事態を悪化させるので、気を付けましょう。

 

付き合い初めて3ヶ月ときめき最高潮のケースに

結婚を意識できない男女は、結婚に至りにくいと言えます。