恋愛ホルモン 男 の 恋心 意味 3年

 

PEAは科学者達の間でも「惚れ薬」などとよばれていて、その効果は絶大です。

分泌されると恋に落ちたと錯覚し性欲を高めるだけではありません。

神経を敏感にさせ、眠気を吹き飛ばし、向上心さえも高めるという力を持っています。

 

 

PEAこそが恋の正体であると言われ、分泌されると恋に落ちたと錯覚してしまうということが、

権威ある実験により明らかになっています。

 

なので、PEAを分泌させてくれた相手に人は恋をするといえます。

 

 

PEA(phenyl-ethylamine)=脳内麻薬

PEAの主成分は覚醒剤として認定され、世界規模でその使用が禁止されています。

 

人間は、脳内でこの強力な物質を作り出すことができます。

 

異性を獲得するために、想像を絶する努力をするというのも、

この物質を脳内で分泌させるためだといえます。

 

PEAはどんなときに分泌するの?

・新しくて魅力的なもの

・もう少しで手に入りそうなもの

・自分から遠ざかっていこうとするもの

 

しかしこのPEAは、「同じ相手に対しては3~4年で

完全に分泌されなくなる」と言われています。

 

これが、ラトガーズ大学の人類学者 ヘレン・フィッシャー教授が

唱えている「PEA 4年周期説」というやつです。

 

それはどんなに情熱的な恋でも、その状態が

4年以上続くことはないことを意味しています。

 

世界的に見ても、最も離婚の多い時期というのは結婚してから3~4年後付近に

集中しているというのも、この説の有力性を裏付けています。

 

 

 

 

恋愛ホルモン 男 の 恋心 意味 3年

 

こんなはずじゃなかった!追う追われるの逆転現象とは?

 

男性リードで始まる恋、立場が逆転したりする事がないのですか?

 

それによって「恋愛ホルモン」PEAに脳が支配されたら、

彼女を他の男に取られる前に早く手に入れようと、熱心に口説きにかかります。

 

 

その情熱にほだされた女性は、徐々に心を開き、

強い信頼関係が築かれたという安心感で、愛情が高まっていくのです。

 

そのPEAは、分泌が落ち着き始める3ヶ月目くらい

 

追う立場と追われる立場が逆転しやすく、

関係が不安定になりがちです。

 

 

その瞬間を逃さないためには、「恋愛ホルモン」とも言われる

PEA(フェニルエチルアミン)の分泌が盛んな

お付き合い3ヶ月以内”を何となく過ごしてしまわない事が大事!

 

その意志の高まりが、お付き合い3ヶ月以内”に一致した時が、

最も結婚につながりやすいのです。

 

そのような脳内の媚薬も、相手を知ると共に約3か月目くらいから

分泌量が減少し、3年~4年で消滅してしまうそう。

 

 

この先は、徐々にときめきが無くなって行くだけなのです。

 

だから、ときめき最高潮の3ケ月までに結婚を意識できない男女は、

結婚に至りにくいと言えます。

 

長年付き合ったけど、結婚に至らなかったのは、

『機会が合わなかった』たったそれだけのことであり、

それが全てでもあります。

 

 

そのような“魔の3ヶ月目”の機会には、

「なんで?何故?冷たいの?」と問い詰めるほど、

ますます事態を悪化させるので、気を付けましょう。

 

付き合い初めて3ヶ月ときめき最高潮のケースに

結婚を意識できない男女は、結婚に至りにくいと言えます。

 

 

 

⇒恋愛の新しい魅力