パーソナルスペース 好意 男女の違い

 

パーソナルスペースは、恋愛や距離感を知る上でも活用できる

異性の好意を見抜く際にも役立つ方法です。

 

男性の場合には、パーソナルスペースが縦長に長い傾向があります。

ですので、自分の前方と後方には非常に敏感です。

 

 

 

 

パーソナルスペース 男女の違い

一方、女性は360度等間隔でパーソナルスペースがあります。

従って、左右の領域にも神経が働くのが特徴です。

 

こういった領域に足を踏み入れて受け入れられるか否かが、

相手の好意を確認するためのポイントになります。

 

 

アメリカの文化人類学者エドワード・ホールによると、

パーソナルスペースには4種類あるとされています。

 

密接距離(0cm~45cm):ごく親しい人に許される恋人の領域

個体距離(45cm~1.2m):相手の表情が読み取れる友達の領域

社会距離(1.2m~3.5m):手が届きにくいが容易に会話ができる知人の領域

公共距離(3.5m~):複数の相手が見渡せる大衆の領域

という感じです。

 

あまり知らない相手でも、

この距離がだんだん近づくようになると脈あり度が高くなります。

 

 

人によってパーソナルスペースの範囲は異なり

場所に応じて相手も仕方なく近くにいる場合もありますので、

相手の性格や状況も考慮する必要があります。

 

パーソナルスペースに入って相手の反応で好意を知る

 

近づいてみても相手が相当な嫌悪感を示さない限り、

脈ありか脈なしかはわからないのです。

 

そこで、コツがあります。

 

相手に近づいた時の反応をよく観察してみてください。

近づいたときに目をそらしたり、体をずらしたりされたら、

 

それは気を許していない人がパーソナルスペースに入ったことを

拒否されたということなので、脈なしの反応です。

 

 

内向的な性格の場合、接近しても嫌悪感を示さないなら脈あり

前に立って嫌悪感を示されない場合は好意的

 

たとえば、男女問わず性格がとても明るくてオープンな人だと、

かなり近よってもどうってことない感じですよね。

 

 

パーソナルスペースの距離から好意を測るには相手の性格も考慮しましょう

好意がある人でもない人であっても、仕方なく距離が近くなる場合もあります。

 

近いからといって「これは脈あり!」と早とちりしないようにしてください。

 

距離が近いと感じたなら、

まずは相手の行動やあなたへの視線も観察してください。

 

パーソナルスペースの範囲は人や性格によって違います。

 

一般的に、男性のパーソナルスペースは女性よりも範囲が

広めとも言われていますし、人によっても変わりますので、

正しく判断するには女性の観察力と勘も必要になってきます。