巡り合わせ 恋愛 結婚の意味

 

運命を感じる人結婚結婚する時は出会いの瞬間にわかる?

 

お互い、ゆっくり確かめ合い結婚をするという流れが

一般的なように考えますが、意外にも「この人と結婚するんだ」という

予感は出会った時にあるものです。

 

少しずつ結婚を意識して…という男女も居ますが、

出会った時に感じる「何か」が存在します。

 

恋愛中は居心地が良く、お互いにドキドキしたり、トキメキがあったりで

普通に刺激あってこそのところが大きいといえます。

 

 

 

結婚する人と出会うと、自然体でいることができる

 

ストレスフリーの状況で居心地の良さを感じます。

 

 

こちらの意見や行動をすんなり受け入れてくれるし、

自然に自らも相手を受け入れているので楽で心地良いのです。

 

相性なのかもしれませんが、会ってドキドキよりもホッと安心感なのです。

 

 

好きな人の前に立つと、

自分を良く見せようとしてしまうのが恋愛です。

 

興味のない話でも、頑張って話を合わせたり、

相手を優先してしまう場合もありますよね。

 

ムリをしてしまう自身が居て、

楽しいはずなのに疲れてしまうこともあります。

 

結婚する人との出会いでは自然体な自分に気づきます。

 

相手に見栄を張ることもなく、とにもかくにも一緒に居ても

自然体で居られることを感じるのです。

 

気が合うな〜と感じる着眼点として感情が似ている、

つまり喜怒哀楽が同じ又は近いという事が良くあります。

 

これは結婚する人との出会いでも感じる事なのです。

喜びや哀しみ、怒りや楽しいと感じること全て重要ですが、

 

特に笑うツボなどが似ていると、同じ事で一緒に楽しむ事ができ、

同じ出来事に喜びを感じる事ができるのです。

 

 

一緒に居ると、お互いが笑っている時が多いと思うならば、

喜怒哀楽の要点が同じである可能性が高いのです。

 

反対にズレていたり全く違うと、

相手の顔色ばかりを伺うようになるので、窮屈(きゅうくつ)に感じます。

 

直感でわかる「運命の人」結婚する人との出会いで多くの男女が感じたことというのが、

直感、つまりインスピレーションなのです。

 

 

その上、相手の事をまだ詳しく知らない時

「この人と結婚するかも」と感じる人が多く、運命の人なんだと感じるのです。

 

 

身内の雰囲気と似ているor世帯像が同じ

と思った異性と世帯の話をした時、自らの家族と似ているな〜と思った瞬間に

「結婚するor結婚したい」と感じる事があります。

 

例えば女子のケース、父親が母親の尻に敷かれている

家庭で育っていると、同じ様に母親が強かった!という男性に惹かれます。

 

逆に男性の場合、父親は厳格で母親は一歩後ろを歩く様な人だった

という家庭で育っていると、母親が父親を影から

支持する人でした…という女に惹かれます。

 

身内や家庭環境が似ているとわかった時点で、

抱く家族像も似ている事が多くあるのです。

 

双方に結婚を意識するのも早く、極め付けは出会った時に、

自分の父親or母親と似ているな…と感じるケースが良くあります。

 

実のところにあるのは本当に結婚する人と出会った時に

「実際、今までの人と何かが違う!」と感じる事です。

 

「結婚する人」との出会いは、感情を揺さぶられるほどに

衝撃的な「何か」を感じる場合が良くあるのです。

 

その上「結婚する人」に出会って「何か」を感じた人達は、長期に渡ってお付き合いして…

ではなく、出会った当日〜1週間と短期の間に感じているのです。

 

実際は出会いすら無いという人も、

突然感じた事のない感情や直感にご対面するかもしれません。

 

⇒利用者実績1位!