似た者同士 恋愛 心理 結婚相手

 

人は自身と同じような相手に惹かれます。

恋人には自分と似たような身体的魅力のパートナーを

選ぶ傾向があるといいます。

 

「似たもの同士」という言葉があるように、アメリカの心理学者によると

自分と似た人を引き寄せる【釣り合い仮説】といいます。

 

幸せそうな仲の良いカップルは似たもの同士が多いと思いませんか?

 

結婚情報サービスのゼクシィが

「幸せな結婚生活を送っている」カップルの特徴を分析した結果、

価値観や興味、性格など、似ている要素が多いカップルほど

幸せだという結果が出ました。

 

 

類似性の法則とは?

 

これまで仲の良くなった友達は何かしら

共通点があることが多いのではないでしょうか。

 

初めて会う人でも、出身地や誕生日、学校、共通の友達がいるというだけで

親近感がわいてくる感覚です。

 

恋愛に関しても同じで、初対面の相手でも共通点があるというだけで

安心感や親近感が湧きます。

 

性格や価値観が似ていると、物事のとらえ方、考え方など

スムーズに理解できるので違和感なく付き合うことができます。

 

 

似た者同士は結婚に発展しやすい

 

似てない人との結婚生活はストレスが多い

離婚に至る原因の一つに価値観の違いで、

 

自身と性格や価値観が違いすぎて毎日一緒に過ごし生活することに

ストレスを感じてしまったことが原因であるといえます。

 

 

一方で、似た者同士というのは、

お互い同じような相手だと認め合うので結婚後の生活もイメージできます。

 

性格や価値観が近いので、結婚生活に対して違和感がないので

一緒に生活していても苦にはなりません。

 

結婚相手の普通の生活を知ることは大事です。

結婚前に相手の価値観を知る手段として、

相手の家族を深く知るということは非常に大事です。

 

相手の家族と会って見れば、普通の生活というものは

相手にとって、どういうものなのか?

 

・生活習慣にどんな特徴があるのか

・どんな食生活を送ってきたのか

・どんなところにお金を使うのか

・子供に対してどんなしつけをしようとしているのか

・どれくらいの頻度でどんなところに家族旅行に出かけているのか

 

などのように、相手にとって普通の生活を知ることで、

自分にとっての普通の生活との違いがはっきり分かるようになります。

 

そしてそれが近ければ近いほど、

結婚後に価値観の不一致でけんかになるようなことが少なくなりますし、

一緒に生活していて心地いい関係となることができるはずです。

 

⇒こんなサービスがあったらいいと思いませんか?