お見合い結婚 恋愛結婚 違い メリット

 

お見合い結婚が実はとても離婚率が低いことを知っていましたか?

もしかすると幸せになれる結婚方法かもしれませんよ。

 

結婚したいけど出会いがないときに、お見合いという選択があります。

 

周囲に、昔と違って、お見合いを、すすめられることは減り

お見合いに、なじみのない人は多いですよね。

 

 

恋愛結婚の場合、多くは交際を続けていくうちに結婚を、

お互いが意識し始めるという順番になります。

 

お見合い結婚は出会いから結婚を意識して、

どういう相手なのか、色々な情報が先に入ってくるのです。

 

そして、お見合い結婚は、お互い条件を確認しあい、

早いスピードで結婚に至ります。

 

 

お見合い結婚は少数派ですが、お見合い結婚の良い面、

恋愛結婚にはない良いところがふんだんにあります。

結婚相手の重要な条件を知ることが可能な点です

 

結婚は暮らしですので、相手の収入や世帯構成など、

見極めやりたい点はふんだんにありますよね。

 

けれども、当たり前は相手に「どっちにお勤めですか?」

「年収は?」「ご姉妹は?」と、率直には聞けないものです。

 

結婚するときの条件を、お見合いは、

最初から知ることができるのです。

 

結婚を前提とした話がお見合いの場合

はじめからできる出会いです。

 

 

 

お見合い初対面の時から、

お互いどういう結婚観を持っているのかを

夫婦で相談、話し合う事ができます。

 

共働きや、家事の分担はできそうですか?

「結婚後は、どっちに住居を構えたいと思っていますか?」

 

「今後両親との同居を考慮していますか?」といった決めごとを、

結婚を決心する前に、話し合う事が可能なのです。

 

多くの異性を選択、お見合いには多くの形があります

 

例を挙げれば結婚相談所に入会してお見合いをした時、

普段会えないような異性と出会う事ができます。

 

結婚相談所の形も色々あります。

専任コンシェルジュがつくタイプでは、

 

セッティングは、お見合いだけではなく、

服装や、どんな感じで会話を勧めたら良いのか、

デートコースなどの、具体的なアドバイスを受ける事ができます。

 

多くの異性の中から、もちろん自身と、親の希望も

考慮した相手とお見合いをすることができるのです。

 

その為、恋愛結婚のように両親に紹介したら、

反対されるという事がないのです。

 

条件の合う相手と出会う為、スムーズに話も進み

事を運ぶ事ができるのです。

 

お見合い結婚は合理的で無駄がない

 

結婚する相手に値するかどうか、

話し合いをすることのできるのは、お見合い結婚ならではです。

 

出会いから結婚までが短期間で愛情が深まる

お見合い結婚のメリットは、多くの人と出会えて

条件を先に知ることができ合理的で無駄がないなどです。

 

説によると、恋愛感情は3年が期限であり、

ラブラブを続けるのはハードルが高いと言われています。

 

恋愛結婚の時、数年の交際期間を経て結婚する事が多くあるので、

ラブラブのピーク時は結婚した直近、前後という事になります。

 

 

ただし、お見合いでは結婚暮らしが始まった時点で、

まだまだ双方未知なところを豊富に持っていますから、

新鮮な結婚暮らしが続き愛情は深まっていくのです。

 

お見合い結婚相手の決め手、気になる欠点がない

 

毎日結婚生活を送ることを考えると、

気になる欠点がないというのは、とても重要です。

 

どれほど好きでも、ここれだけは気になると欠点があると、

落ち着いた恋愛感情になった時に、

気になって許せない気持ちになることがあるのです。

 

それほど気になる点などなければ、

結婚生活に相手に対して大きなストレスを感じることはありません。

 

 

1、お見合いをしても、この人と絶対一緒になりたい!と、

ならない人も少なくありません。

 

その人が何を決め手にお見合い結婚を決意

したのかというと、親の後押しです。

 

一番の理解者である親から、この人なら大丈夫と

確信されたなら、それが決め手になるのです。

 

なごやかな結婚生活のイメージできた

 

 

2、お見合い結婚は、冷静になって、お互いを見極める為、

ドキドキ感は少ないですが、

「この人と結婚したらどうなるか」をイメージして決断します。

 

結婚暮らしは一生続くものです。そこに、なごやかさを求めるのは、

人としはもちろん。思いやりを持って、双方協力し合い、

穏やかに人生を歩むというのは、決め手になるのです。

 

3、初対面の相手と、結婚について話し合い、

双方を知る努力をするのですから、もちろん緊張します。

 

ただし、お見合いを繰り返していると、「この人と一緒にいると、なんとなくすごく楽」

という相手に巡り合うことがあります。

 

自然体でいられるという事。

それを許してくれる安心感がある相手だという事です。

これは、結婚相手として、相当大切な事です。

 

最初から話が弾んだ

4、はじめのお見合いから話が弾み、意気投合する事があります。

お見合いではじめから話が弾む相手は、親和性が良いという事です。

 

お見合いを繰り返していると、その事が良くわかっているので、

最初から話が弾むという事が、結婚の決め手にもなるのです。

 

 

5、現実に結婚したいと思える相手と出会えるのかと

不安になる人もいます。

 

そのような中「現在自らがこの人を断ったら、

別の人とお見合いして、他の人と、この人は結婚してしまう…。

 

それは嫌だ。他の人には渡したくない!と感情を持つ相手に

出会った時、それが結婚の決め手となります。

 

 

6、はじめのお見合いから話が弾み、意気投合する事があります。

結局お見合いではじめから話が弾む相手は、

相当適合性が良いという事です。

 

お見合いを何度もしていると、その事が良くわかっているので、

最初から話が弾むという事が、結婚の決め手になるのです。

 

 

 

7、プロフィールから、自身の好みのタイプを見つけて、

お見合いに辿り着き、会ったら率直ど真ん中の一目惚れ!

 

というのが決め手になる事があるのです。

その後相手と相思相愛になって結婚という時です。

 

運命と思える出会いを、お見合い結婚でもする人も。

相手から熱烈にアプローチされて、必要と相手からされると

嬉しくなり、結婚の決め手になるのです。

 

お見合い結婚をする人は離婚率が低い?!

厚生労働省が公表している、人口動態統計では、

2016年度の婚姻件数620523件、 離婚件数216805件

 

日本の離婚率は直近で約35%、

3組に1組以上が離婚している事になります。

 

これは全部の婚姻に反対にの離婚率で、

お見合い結婚の離婚率は10%

恋愛結婚の離婚率は40%と言われているのです。

 

 

お見合い結婚メインだったご時世の方が、

離婚率は低かったというのも事実です。

 

 

お見合い結婚する人の離婚率が低い訳

お見合い結婚は結婚する前に、

結婚条件などを話し合い合意したことにより

離婚率が低いと考えられます。

 

お見合い結婚する人の平均年齢も高いので冷静に考え

判断することで差にも表れているのではないのでしょうか。

 

恋愛結婚は「好き」という心の内が最高潮で、

ある意味冷静ではない時に結婚してしまう事が少なくないのです。

 

さらに、10代の結婚やデキ婚(妊娠)が多くあるのも、

恋愛結婚の特徴です。

 

いけないわけではないのですが、早過ぎる結婚、

妊娠したことによる相手との結婚は、

うまくいかない事が多く、離婚率は高まります。

 

厚生労働省がリリースしている「有配偶者離婚率(女)」を見ると、

離婚率は若くして結婚をした人ほどが高い事がわかります。

 

2005年度は、19歳以下がトップの結果で

70%以上の離婚率、

 

次いで20〜24歳が40%後半代、25〜29歳が20%前半代、

 

年齢が高くなればなるほど有配偶離婚率は

低くなっていきます。

 

結婚相談所のボリュームゾーンは

男女共に会員年齢30代。

恋愛結婚に比べると初婚の年齢が高いのです。

 

双方大人、理性的に結婚できるので

離婚率は恋愛結婚に対比して低くなるのでしょう。

 

まとめ

お見合いは、自主的に結婚したい人がするものです。

「結婚したい!」という自らの、考えを叶えるために、

お見合いという婚活を選んでいます。

 

お見合い話がくる事は、待っていても

望めないのです。

 

自分が結婚やりたいのならば、

婚活をするのがお薦めの近道です。

 

積極的に活動する事で、

結婚可能な確率を高める事ができます。