スピード婚 きっかけ 決め手とは?

 

結婚の決断は時間をかけて、よくお互いのこと知ってから…ですよね。

世の中には出会い時間もかけず、スピード婚をするカップルもいるのもです。

 

きっかけは

妊娠したいわゆるデキ婚です。

お互いの関係が盛り上がる時期。そのタイミングで産むを選択!

それをきっかけに結婚を決断

付き合いが間もないで、まだお互いのことを、まだよく知りません。

 

会うたびに

新たな一面を知ることとなり、刺激的で楽しいことです。

 

お互い運命のめぐり合わせだと感じ、

妊娠したことによりスピード婚にいたるのです。

 

 

スピード婚の理由に

年齢が近いことで出会って間もなく、話が合い意気投合したそうです。

 

年齢差がある場合、仲がよくなるまでに共通の話題が少なく、何を話そうと

お互いに探り合い距離感がなかなか縮まらないそうです。

 

 

一目ぼれするほどスピード婚する可能性が高まります。

彼女に一目惚れをしたからこそ、

誰にも取られたくないという焦りで、結婚を切り出したのでしょう。

 

アラサー・アラフォー女性は結婚適齢期を過ぎ出産を考えて

スピード婚を望む人が多く、特に女性が結婚を急ぎます。

 

 

株式会社マーシュが既婚男女500名に行った調査(2013年8月実施)で、

 

結婚歴20年以上の夫婦は、

結婚までが「交際期間1年未満」だった人の割合が最も多い39.0%だったと報じました。

結婚暦20年以上では、1年未満に結婚を決める人が4割を占め、

結婚暦が長くなるほど結婚を決めるまでの期間が短かい傾向がある。

一方で、結婚暦1年未満、1年~5年未満の人は、

4人に1人が5年以上の交際期間を経て結婚に至っており……(以下略)

 

いつから早いかどうかは人によりますが、世の芸能ニュースなどでは、

出会って半年以内、または、1年以内での結婚となると、

 

「スピード婚だけど大丈夫か?もしくは、妊娠か?」などと

報道されることが多いかもしれません。

 

スピード婚した夫婦の特徴まとめ

お互いのことを良く知らず、結婚後に知ることとなり

離婚したり結婚生活が破たんするケースもあります。

 

状況によりそういった勢いで結婚するのも

大事なんじゃないかと思います。

 

あまりにも結婚相手に妥協してスピード婚すれば

よいというのは違うと思いますが、

 

自分の直感やフィーリングを信じて

結婚相手を選ぶのも良いと思います。

 

⇒利用者実績1位の街コン